SEO対策の外注化はやめた方がいい理由

   

SEO対策は、なるべく内製化した方がいいです。外注化は上手くいっている時はいいのですが、外注業者のSEO対策がスパム扱いになると面倒なことになりかねません。

悪質なSEO対策業者もどんどん増えており被リンクを削除するだけでも100万円を請求された事例もあります。ドメインは長く使うネットショップの中でも重要な財産ですので慎重に取り扱う必要があります。

これをドメイン人質と呼んでいますが、こういうった事例は残念ながら少なくありません。

長い目で見ていくとネット事業部門で管理する方が何かあった時の対応も早い。ゆっくりと時間をかけて施策をSEO対策ですので、ツイッターなどの発信からファンを作り被リンクを得る方が最終的には高い品質のサイトになります。

まさにSEO対策とは「急がばまわれ」精神で行わなければなりません。

過去のSEO対策ノウハウは通用しなくなり仕組み的にはシンプルになっています。わざわざ外注化して事を荒立てる必要はありません。

適切なSEO対策とプロモーションを同時に行っていくことで被リンクは伸びていきます。検索エンジンだけではなくネットのあるゆるシーンで目立つことを考えて下さい。

企業内Youtuberを育成するのも面白いアイデアです。WEbの未来を考えると広報担当にはパフォーマーを配置するなどしておくと一気にファンを増やすきっかけにもなります。

ネットショップは被リンクよりもファンづくりを重視する方が成功しやすいと思いますよ。

 - seo対策